彼女のクリスマスプレゼントに、ダイヤモンドでプロポーズはいかが?

もうあと1ヶ月もすればクリスマスです!
ブリリアンスプラスのエンゲージダイヤモンド
そろそろ結婚を考えてる男性はクリスマスのタイミングでプロポーズをしようと考えてる方も少なくないのではないでしょうか?
先日、銀座にある婚約指輪・結婚指輪専門店「ブリリアンスプラス(BRILLIANCE+)」に伺い、社長さんに今のプロポーズの傾向や婚約指輪のトレンドを聞いてきました!

意外にも少ない!?サプライズでプロポーズは全体の15%

クリスマスにホテルレストランでディナーを予約、夜景の見える席でスッと小さな箱を出し「結婚しよう」。婚約指輪にはこんな幻想が浮かびますが、実際のところ、婚約指輪を購入してる方の中で、サプライズでプロポーズにダイヤのリングを差し出してる人は全体の15%なんだそうです。

みなさん、何かしらの打診や、あらかじめプロポーズをした後、2人で婚約指輪を探しに来る人が7割以上!やっぱり高額なものだから、身につける女性の好みが反映された方がいいですよね。

また、中には「婚約指輪を買うなら、新婚旅行を豪華にしたい」という人もいるでしょうし、内緒で良かれと思って大枚払っても、「好みじゃない」と一蹴されネットで悪口やどう思うかの意見を書かれるのが関の山ですから、彼女の好みや志向をよく観察してから決めた方がいいと思います。

サプライズとプレゼントの良いとこ取り!ダイヤモンドの石だけをプレゼントする

サプライズプレゼントをする人は少ないものの、やっぱり彼女の驚く顔と喜ぶ笑顔は見たい人はいるはず。(私は平日に来店した時、男性客だけで来店してるのを何度も目撃しております)

「プロポーズはしたい、でも指輪のサイズが分からない」「彼女にプレゼントしたいけど、どういうデザインが良いか決められない」そんな人にうってつけなのが「ダイヤモンドでプロポーズ」。
ダイヤモンドでプロポーズ
これは、男性がダイヤモンドの石(ルース)だけを選んで購入し、後日、来店しリングを選ぶというもの。

これだと、男性はサプライズでプレゼントも出来るし、実際のリングは後で彼女が納得するものを選べば良いわけですから、いいとこ取りなのです。
ダイヤモンドルースでプロポーズ
石の値段は知られずに済みますし、サイズ違いも防げます!

今ブリリアンスプラスでは通常4千円かかる箱代が無料になるキャンペーンを行っています。
brilliance-engagement-ring2-14
上のクリア板はマグネットで簡単に開閉できる仕様、見た目は婚約指輪らしい箱ですね!

男性一人で選んで、変にサイズが違ったりすると「前の彼女にあげたやつでしょ!」と勘違いする方もいるようです(何度かそういうのをネットで見ました)。婚約指輪は人生の一大決心の象徴なわけですから、疑われるようなあらゆるリスクは回避した方が無難ですね。

プロポーズ用のダイヤモンド石を見てみる

みんなが実際に購入している婚約指輪デザインランキングTOP3

1位 プラチナ ソリティア(0.2ct以上〜0.3ct未満 型番 00003)
brilliance-engagement-ring2-3
出ました、ソリティア!「婚約指輪」と言ったら6爪で支えてるひとつダイヤのソリティア。王道ですね。

意外にも、石のサイズが0.2カラット〜0.3カラットのものが1位なんですね。

個人的に0.2ctは小さいな〜と感じるのですが(写真は0.2ct)
ソリティア0.2ctのエンゲージリング
石は天然物、0.2ctぴったりってものはそんなになく、0.25ctだったり、0.28だったりと極めて0.3ctに近いサイズも含まれてるそうです。

また、こちらの型はダイヤモンドの台座が低いので、衣服へ引っかかりにくい点もポイント。実用も兼ね備えたデザインです。

仮に、このリングデザインを選び、一番安いダイヤを探した場合・・・

ダイヤ最安値 39,700円(0.215ct)
リング代   66,400円(プラチナ)
_____________________________
合計  106,100円

10万ちょっとで作ることができます!(2016年11月20日現在)

1位のリング詳細を見てみる

2位 プラチナ ソリティア(0.3ct以上〜0.4ct未満 型番 00217)
婚約指輪ソリティア 0.3ct
2位もソリティア!しかも台座も高いタイプで「いかにも婚約指輪」、そして個人的には0.3ct以上が婚約指輪感があると思うので、王道中の王道ですね。

高さがあり、いわゆる婚約指輪の定番「ティファニーセッティング」に似てるから、人気があるんだと思います。
brilliance-engagement-ring3-2
形が似ていて、石がより大きい上に、お値段がお安いんだったら、こっちの方が断然お得ですものね。石のサイズは「愛の大きさのバロメーター」と捉える女性もいるようですから、あなどれません。

ちなみに、試しにティファニー公式で「ティファニーセッティング」のお値段を調べたところ、0.25ctプラチナで28万ちょっとでした。同条件でブリリアンスプラスで検索してみると、13万ちょっと。半額以下で購入できる計算です。

2位のリング詳細を見てみる

また、よく「0.2ctと0.3ctサイズ比較」とネット検索で見にこられる方が多いので、比較してみました。
brilliance-engagement-ring2-5
下から0.2ct、0.3ct、0.5ct、結構違いますよね!

0.5ctなんて見てしまうと、やっぱり大きいのに惹かれてしまうのですが(笑)
brilliance-engagement-ring2-6
値段が全然変わってくるので、予算との相談です。

個人的には小さいとファンシーリングと変わらない印象になってしまうので
brilliance-engagement-ring2-9
やっぱり0.3ct前後は欲しいな〜と思います・・・

3位 プラチナ ヘイロー(0.3ct〜 型番 00898)
3位 プラチナ ヘイロー(0.3ct〜 型番 00898)
ワタクシ、これが3位と聞いた時「女性の欲が出てるな〜(笑)」と思いました。これですよ、これ。女性が自分で選ぶと「より大きく、よりキラキラに!」ですよね。
40万の予算と聞いたら40万ギリギリもしくは超えて選ぶのが女性なのです!

このデザインの良いところは身につけてみると思ってる以上に大きくキラキラして見えること。
brilliance-engagement-ring2-10
中の石がそんなに大きくなくても、1周とりまくメレダイヤのおかげでとってもキラキラして見えます。

また、婚約指輪っぽくないというところもポイント。
brilliance-engagement-ring2-11
上の2つのように「いかにも婚約指輪」だと、付けれる時期は結婚前後の1〜2年の命ですが、ヘイローだとゴージャスなジュエリー感があり、数年後でもちょっとしたパーティーや宴会にも付けていける利点があります。
実用にも使いやすいゴージャスさが女性に受けているようです。

3位のリング詳細を見てみる

また、全てのリングに共通して「プラチナリング」を選んでるのも印象的。日常身につけてても錆びにくく、繊細な表現ができるプラチナは永遠の愛の象徴ですね。男性では「真剣、真面目な想い。本気、本物の愛。」という意味を込めてる方も多いようです。

以上、婚約指輪のご紹介でした!

クリスマスというとまだ1ヶ月も先、と思うかもしれませんが、実はこの時期が予約のピーク。予約が殺到していて、クリスマスイブには間に合わないというブランドも。
ブリリアンスプラスの銀座店内
ブリリアンスプラスは、全て国内で製作してたり、日本にあるダイヤを仕入れてくれたりして「イブにプレゼント」をギリギリまで対応してくれます。ぜひ覗いてみてくださいね。

婚約指輪をちょっと見てみる(ブリリアンスプラス)

ブリリアンスプラス来店予約

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.