もっちり美味しく健康に、ファンケル発芽米食べた感想など

ファンケルの発芽米です、お試しさせてもらってます。発芽玄米市場売り上げ1位!
ファンケル発芽米
玄米を少しだけ発芽させたお米が発芽米。発芽させた玄米の方が栄養価が高い上に甘みも増し柔らかな食感に。浸水時間は30分でオーケー、白いご飯に混ぜて一緒に炊くともう玄米感は殆ど分からないほど柔らか。もちもち食感で食べやすいです。


玄米と発芽米、どう違うの?

ネットで調べて見ると、玄米は薄皮があり食物繊維が豊富な分、固く浸水時間がかかるお米。
玄米には過度な水分から自らを防水しているため固い薄皮が付いており、水分が染み込みにくい構造。だからお米の芯まで水分が行きわたらせるには、丸一日水に浸けておく必要があります。

発芽米は玄米をちょっと発芽させた状態のお米。外皮が柔らかくなってるので浸水時間は30分と短い時間で良く、また酵素の働きにより糖質が分解され甘みが増し、たんぱく質が分解されて「アミノ酸」が増え、より味わい深いお米です。

ビタミンE、ギャバ、オリザノールなど栄養成分が白米の約10倍。

北海道産玄米100%使用で、栄養価が高い上に浸水時間も短く柔らか、いいとこ取りですね!

ちなみに半年前ほど前にファンケル発芽米「金のいぶき」を食べましたが
fancl-hatuga-genmai-kin-4

普通の玄米に比べてお米の栄養を蓄えている胚芽が約3倍あり栄養が豊富
fancl-hatuga-genmai-kin-5

よりプチプチした食感が特長です。
fancl-hatuga-genmai-kin-8
発芽米よりお値段やや高め、より高い栄養価を得たい方にはこちらが良いかもですね。

話戻りまして発芽米、白米2合につき発芽米1合の割合がおすすめ。

発芽米は栄養価と風味をそのまま生かすため、研がないのがポイント!

お水は少し多め、発芽米1合につき1/4カップ(約45cc)のお水を入れるとちょうど良いです。

あとはいつも通りに炊飯器のスイッチオン!ふっくら炊き上がりました!

やや水分多めで炊くと、もう玄米感はなくて、お米の甘さが引き立つ味。

うちは旦那さんがちょっと玄米苦手(お腹を壊す傾向)なので、玄米は時々しか買わなくなってしまったのですが、このくらい柔らかだと白米と同じような感覚で頂けるので良いです。

食べた翌日以降、お通じがとても良く、ああもしかしたら発芽米のおかげかな〜?と思いました。

ファンケルの発芽米は昔食べたような記憶があり、当時はもっとプチプチした食感だったような・・・?あとコンビニにも本当に芽が出てるお米のおにぎりを販売してた時ありましたよね?あの印象が強かったのですが、時が経ってより食べやすく、より進化したのかな?と思いました。

お値段1キロ802円、通販限定で1キロにプラス500gの増量セット(通常1,203円)が780円で購入できます。

今回食べてみてこんなに柔らかでふっくら炊き上がる上に栄養価が高いと良いことづくめならリピートしたくなりました。

通販限定 発芽米 お試しセット(FANCL)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.