健康

やさしく舌苔を取る舌ブラシ、W-1 NEXT

更新日:

インフィード広告

舌磨きスムーザー「W-1 NEXT(ダブルワンネクスト)」です、お試しさせてもらってます。
shita-brush10001

歯ブラシ「ソラデー」を薦めてくださった「こだわり研究所」社長の野崎さんより「これもオススメです」と送ってくださった舌磨きブラシ。普通舌用のクリーナーって歯ブラシが平たくなって毛の短いのが多いけど、こちらは繊維が絡まったスポンジのような形状。やさしく舌苔をからめ取ってくれ、口の中がスッキリします。

私数年前に舌ブラシ使ってました。
電車で席に座ると隣に座ってた人が立ち上がる事が何度かあったり、映画館で隣の人が妙に動いたりして「もしや・・・私の口が臭いから?」と気になったからです。
そうなると、小さな事でもすごく気になって、隣に座った人が鼻に手をずっとかけてたりすると「私の口臭のせいだ!」と勝手に罪悪感を感じたり、知り合いだったら「私口臭くない?」と聞いたりしていました。

歯だけでなく舌苔(ぜったい)が口臭の可能性があると思い、舌ブラシや口臭チェッカー、歯垢チェック液なども購入し、「脱口臭」に挑んだのです。
(今思うと主な原因は義歯と歯並びの悪い歯の間に歯垢が溜まってたからだと思います。今は義歯ではなくブリッジになり臭いは気にならなくなりました。)

調べてみたところ、この舌磨きスムーザー「W-1 NEXT」を作った社長さんはお母さんを「誤嚥性肺炎」で亡くしており、口の中を不衛生にしたことによって、口の中の菌が誤って肺に入り込み肺炎を患ったのが原因だったそうです。
舌ブラシW−1

もし、菌を取り除いていれば、死に至る事はなかったと「誤嚥性肺炎を無くしたい」との想いからこの舌スムーザーを作ったとの事でした。

よく歯ブラシで歯磨きのついでに舌を磨く人もいますが、それだと舌を傷つけてしまうと聞いた事があります。
歯垢の原因の一つには舌に付いた老化細胞や食べカス。取り除くなら舌専用のブラシを使った方が良いかなと思います。

普通は汚れをかき出すタイプですが、これは繊維がU字型になっていて、舌苔を絡めとるような作り。
shita-brush0001

舌は傷つけずに汚れだけ取り除く仕組みになってます。

押すと固い「凸」のラウンド型で、舌中央をかけやすい形、裏は少し「凹」になっていて舌のサイドがかけやすい形になってます。
shita-brush0002

実際に使ってみると、舌のもやっとしたネバネバやザラザラがスッキリクリアになって爽快感があります。
ミントガムとかを噛んだ爽快感とは異なり「何にも無い!」というクリアな感じ。

特に普段舌のサイドなんて意識した事なかったから、口全体がスッキリした感じになります。

使用前と使用後を写真で見比べると、見た目でもハッキリ違いが分かり、キレイになってました。
(ビフォア&アフターの写真も撮ったのだけど、舌をベーッと出してる絵があまり美しく無かったので止めました・・・)

夜寝る前に一磨き、良いかもしれません。20〜30秒で済みますしね。
舌苔は口臭だけでなく、味覚センサーの働きを損なう原因にもなるそうです、舌ケアはしておく事に越したことはありませんね・・・

舌磨き用 舌ブラシ W-1 ダブルワンネクスト
icon(こだわり研究所)

LINEで送る
Pocket

テキスト広告とディスプレイ広告

テキスト広告とディスプレイ広告

-健康

Copyright© 脚やせ・美肌目指すブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.