クロックス

まさかのクロックスからポインテッドトゥ!リオフラット履いてみた

投稿日:

インフィード広告

クロックスのスプリング・サマー2015サロンに参加、「これもオススメ!」プッシュされたのがクロックス リオ フラット W(crocs rio flat w)。
crocs-rio-flat-3
まさかの!クロックスからポインテッドトゥ!先がとんがってますよ奥さん!クロックスといえばずんぐりむっくりがトレードマーク、最近ではスリムになったデザインも増えたとは言え、爪先はラウンドトゥが主流でした。それがこのとんがり具合ですからね、スッとした足先で美脚に見えるスタイリッシュなデザインで、ファッション性の高い服にも合わせやすいです。

正面から見たところ、薄い素材感でスリムかつ甲浅。
crocs-rio-flat-4

普通クロックスのデザイン型はアメリカで造られるのですが、このデザインはイタリアで造られてるそうです!
crocs-rio-flat-5

さすがクロックス。普通日本の会社なら日本人がイタリアに行って習得しそうだけど、餅は餅屋、靴デザインならイタリア人に!という心意気。クロックスの臨機応変さ、社風がうかがえますね。
クロックスリオフラットw
それでいて靴という靴なら何でも手当たり次第作るとかじゃなくて、クロックスならこうする、唯一無二のオリジナルシューズを生み出していく姿勢と機能を組み合わせた結果が素晴らしい。

サイドにはヒールウィンドウ(穴)があり、かかと部分にゆとりをもたせたデザイン。
crocs-rio-flat-6
ソールには2.5cm厚のプニプニのクッション素材「クロスライト」で歩き疲れにくいです。

ポインテッドトゥの靴ってワンサイズ上を選ぶのが丁度いいイメージありますが、クロックスの場合は逆。

普段23.5cmを履いてる私でもW6(22cm)がピッタリ。
crocs-rio-flat-8
なぜ?ポインテッドトゥなのに?答えは「甲の低さ」にありました。甲が普通の靴よりも低めなので、W7(23cm)だとパカパカしてしまい大きいのです。(靴って難しい・・・)
甲高の人ならいつも通りのサイズ(もしくは-0.5cm小さめ)を、普段甲高と意識していない普通の靴を履ける人はワンサイズ小さめ(もしくは-1.5cm小さめ)を選んだほうが良さそう。

とんがってるので、足先がスッとほっそりして見え美脚効果も。
crocs-rio-flat-9
クロックスらしい派手目のピンクが目をひきますね。

薄い素材感で程よくフィット、厚さを感じさせません。
crocs-rio-flat-10
個人的に欲を言うなら、ヒールが少しあるほうが嬉しいかな・・・フラットなのでバレエシューズのような印象もあります。

サロンにご一緒した男性の方が「ポインテッドトゥだと何が良いの?」と聞かれてました。たぶん爪先がとんがってて歩きにくい上に痛そうと思ったんでしょうね。(笑)

実際に履くとほっそり美脚風になるっていうのが分かるんですけどね、ぶっちゃければ「好み」かなと思います。
見た目の比較してみたところ。
crocs-rio-flat-2
左から、カラーブロック(社員さんの自前)、アリスワーク(私の自前)、リオフラット。やっぱリオが一番スッとしてスマートに見えると思います・・・

カラーは全部で3色。うーん、ポップで可愛い色もいいけど・・・黒も欲しいですね。(笑)
crocs-rio-flat-7
これ自体もすごく魅力的でいい靴なんですけど、なんとなくまだまだ進化を遂げそうなシューズと感じました。クロックスは車のようにマイナーチェンジで毎年新作が出てくるので。色とヒールの高さは欲しいなと・・・そんな風に感じました。

クロックス リオ フラット ウィメン【クロックス公式】

LINEで送る
Pocket

テキスト広告とディスプレイ広告

テキスト広告とディスプレイ広告

-クロックス

Copyright© 脚やせ・美肌目指すブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.