ボディーケア

フランス王家の伝統を誇るマルセイユ石鹸

更新日:

インフィード広告

マルセイユ石鹸です。こだわり商品研究所よりお試しさせてもらってます。
savon-de-marseille1-1
石鹸やシャンプーが泡立つのってラウリル酸が入ってるか否かでしょ?と思ってたのに、こちらの石鹸はオリーブオイルなど100%天然素材!オリーブオイルって泡立つんですね、しかも300年前から作られてる製法というではないですか!さすがフランス、やること違う。
存在は知っており、試してみたかったのです。なぜなら本体2.5kgと石鹸にあるまじきデカさ、そしてお値段1万円!それでいながらリピーターも少なくないという事実。ちょっと気になりますよね。
実際使ってみると、匂いは油粘土、泡立ちは程よく、洗い上がりはキュッとさっぱり。通な石鹸と感じました。

こちらが本体のビックバー、大きいです、かっこいいです。写真撮らせてもらいました。
マルセイユ石鹸ビッグバー

フランスの国王ルイ14世が「オリーブオイルで作った石鹸を」とバターも脂肪(動物性脂肪)も含まない、オリーブオイルだけの石鹸を望まれたことに生まれた石鹸だそうです。

savon-de-marseille-6

実はマルセイユ石鹸というのは巷にたくさんあるそうです。
そう言えば私も昔オリーブオイルの石鹸が流行ったときに使ったことがあります。

savon-de-marseille-7

じゃあこれは何が違うか?簡単に言うと「伝統の製法とデカさ」ということのようです。
約4~5週間をかけて1本の石鹸がつくられ、時間と手間暇かかってます。
販売元のこだわり商品研究所社長、野崎さん曰く「マリウスファーブル社がビジネスの為というよりも、マルセイユ石鹸の伝統の製法を残すためにつくり続けている石鹸」ではないかとのことでした。

これね、楽しいんですよ、自分でカットするんです。

カットする幅を付属のワイヤーでくくり
savon-de-marseille-2

両手で左右に引っ張っていくと
savon-de-marseille-3

スーッとワイヤーが石鹸に入り、カットされます。
savon-de-marseille-4

こちら、ワタクシいただきました、ありがとうございます。
savon-de-marseille-5
縁が濃いめのオリーブ色で、中は優しいモスグリーン。しっとりなめらかとした触り心地です。

昔使ったことのあるオリーブオイルの石鹸はもっとポロポロ乾燥してたような記憶・・・
こちらのマルセイユ石鹸はしっとり、きめ細やかで繊細な趣があります。
savon-de-marseille-8
ワイヤーのカット通りにスーッと入っており、割れてる感じがまるでないです。

天然成分だけでこんなに泡立つのかとびっくりするくらい、泡立ちはいいです。
savon-de-marseille-10

ボディタオルに2〜3回なすりつけて泡立て、体を洗い、洗い流すとキュキュッと音がなるんじゃないかと思うくらいさっぱりする使用感。

気になるのは「におい」。油粘土のようななんとも言えない匂いがします。それでも使い続けてる人は他のオリーブオイル石鹸よりは臭わないとか、効果の方が大きく感じてるようで特に気にならないようです。

この石鹸の良いところは化学成分を一切使ってないところだと思います。オリーブオイルなら、洗い残しがあっても安全ですものね。

さらにこの石鹸じゃなきゃダメ、という人はこの石鹸の気品をかってるのではないかと。
savon-de-marseille-9
私はどうなのかと言いますと・・・率直に申し上げるなら、やはり匂いが少し気になるという感はあります。
疲れて帰ってきた後に、化学っぽい匂いでも良いから香りの良い石鹸で体を洗い癒されたいと思うのはある意味本能ではないかと。昨日も仕事が忙しく帰ってきたのは朝の4時。緊張がほどけない頭にはケミカルでも良いから何も考えずに良い香りと感じるものを、と思ってしまう・・・。

そう考えると私の場合、この石鹸は心にゆとりがある時や週末に使った方がより良さを実感できるのかも。体に良いものをまとう、王家と同じ石鹸を使える、そういう心構えを持った方がなんとなく幸せかな・・・

このマルセイユ石鹸は服でもシルクや麻100%の生地が好きな人や本物志向の人が似合うと感じました。

マルセイユ石鹸 ビッグバー
icon

LINEで送る
Pocket

テキスト広告とディスプレイ広告

テキスト広告とディスプレイ広告

-ボディーケア

Copyright© 脚やせ・美肌目指すブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.