ジュエリー ブリリアンスプラス

これぞ花珠!無調色のオーガニックパールはブリリアンスプラスで

更新日:

インフィード広告

ブライダルジュエリーのお店ブリリアンスプラスが10周年を記念して、パール、しかも選ばれし最高品質、個数限定パールの取り扱いを開始したとのことで、伺ってまいりました!
perl-muchoshoku-3
ところで、上の写真の真珠、どちらが良いものだと思いますか?
真珠ってパッと見、何が良いとされてるのか、どういうものが良い品質なのか分からないですよね?正直イミテーションや安く販売しているものでもそう違いが分からない・・・

しかし、真珠は生きた貝から採れるもの、つまり生きた鉱物(生体鉱物)なわけで、時間が経てば劣化(経年劣化)をする宝石なんだそうです。年月の経過で違いが分かる、それがパールの価値基準のひとつです。

ではそろそろ、上の写真の正解をいきましょう!

左・・・年月が十数年以上経って経年劣化したパール連
右・・・無調色、トリプルAの最高級パール

正解を聞かなくても、なんとなく、右のほうが光の反射率がキラキラシャープで、奥から輝く透明感がありますよね、テリがすごいといいますか。
無調色のパール
市場のアコヤ真珠からわずか1〜2%ほどしか出回らないという希少な無調色パール。
大手ミキモトや田崎真珠でも販売してますが、上顧客のためにとっておく(ミキモトはTHE BEST OF THE BEST ベスト・オブ・ザ・ベスト、田崎ならBEST SELECTIONS)特別な真珠だそうで、お値段は100万越えとか。

それをブリリアンスプラスでは最高級品質を作り出す真珠養殖屋さんから直接購入、だから大手とは比べ物にならないくらい格安で販売できるのです。

無調色パールとは?
貝に核を入れ、貝が核を巻き、月日が経過することで真珠ができますが、その「核」と「真珠層」に有機物が入ります。

それを取り除くのに、穴を開け、シミ抜きをするのです。
無調色パールと越し物パール

その後、色が均一に見えるように、また肌にパールが色映えするように染料を入れます。これが「調色」。
perl-2
ほとんどのパールはこの「調色」されたもの。しかし、時間の経過とともに劣化してきて(経年劣化)、色とテリがバラバラに見えてくることも。

無調色パールはその「染料」を入れていないパールのこと。
perl-3
入れなければいいんだから簡単じゃん!という気もしますが、市場にはわずか1〜2%しかない希少な真珠。

真珠本来の色だから、連になった時の色やテリ、大きさの統一がより困難で、手間も暇もかかっている真珠なのです。

染料を入れていないから、経年劣化することもなく、真珠本来の美しさが続くというわけですね。

テリや輝きが深く美しい「越し物」
もうひとつ美しい真珠の要素、それは「巻きの厚さ」。ブリリアンスプラスでは「越し物」の真珠のみを取り扱ってます。

越し物とは、年を越し、夏を2回過ごした、1年以上養殖された真珠のこと。
perl-4
普通は「当年物」と言って、約10ヶ月ほど養食された物から採取します。
それを「越し物」は2回夏を越すことによって、より巻きが厚くなる真珠ができます。

・・・とは言え、養殖って言っても、放置してるだけなんだから、同じなんじゃない?素人の私はそう思いました。

聞くと、長く年月をかける、ということは、それだけ台風の被害や海洋汚染などの思わぬ影響により、アコヤ貝が死んでしまうというリスクがあるとのこと。そのリスクを回避するため、年を越さずに水揚げしてしまうのだとか。

また「越し物」は、巻きが厚くなる反面、形がいびつになったり、エクボが増えたりと、それはそれでリスクが増える可能性もあるとのこと。

「無調色」かつ「越し物」はまさに選ばれし真珠、「花珠(はなだま)」というわけですね・・・

最高級の真珠 オーガニックパールをつくるには良い海、良い山から
オーガニックパールを生み出す海
(公式サイトから写真をお借りしました)

そんな最高品質の真珠をつくるには真珠が育つ海が良くなければいけません。
そして、良い養分を運んでくれる周辺の土地、山も良くないとダメなのです。

実は川は無い方が良いのだとか。意外!
生活用水が流れてくる恐れがあるため、川は無い方が良いそうです。

ブリリアンスプラスと取引している真珠養殖やさんは、海だけの漁業権だけでなく、周辺の山の土地も買い占め、貝のための土壌ならぬ海を守っているんだとか。

波は穏やか、養分も豊富、海水の平均温度が15度以上、漁業権キープ、生活用水流れてこない、こんな条件の当てはまる海はそうそう無いそうです。

美しい真珠を作り出す貝が育ちやすい環境を守るために、自然の形を厳格に守る姿勢、それが最高品質の真珠「オーガニックパール」というわけですね。

最高級の真珠を求めやすい価格に
perl-muchoshoku-4
そんなオーガニックパール、さぞやお高いんでしょう?奥さん。
ふと一粒パールのネックレスの値段を見ますと・・・イエローゴールドで3万円代!えっこんなもんで良いの?思ってた値段と違って随分お安いんですけど!?ここがブリリアンスプラスなんですよね。

最近新発売されたばかりのデザイン。
perl-muchoshoku-7
とても可愛らしく、こういうデザインならカジュアルに普段でも着けれそう。
(ちなみにワタクシの好みは左から2番目、ダイヤ付きプラチナ71,500円(税込)でございます・・・)

チェーンは最長45cm、ボールチェーンで長さが自由に変えられます。
perl-muchoshoku-8

ピアスもシンプルな物からいろいろあります。
perl-muchoshoku-13
K18YG Boo パールピアス 7.0-7.5 37,600円(税込)

perl-muchoshoku-14
PT900 Kira パールピアス 7.0-7.5 94,900円(税込)

こちらデザイン出来立て、まだ発売される前ですが、一足お先にアップ
perl-muchoshoku-9

perl-muchoshoku-10

perl-muchoshoku-11

perl-muchoshoku-12

ピアスも可愛いのばかりで、お手頃価格なので、一瞬私もピアス穴開けようかと思ったほど。(笑・過去2度開けて失敗してます・・・)

そしてそして、一番初めにご紹介した「Ren パールネックレス」は・・・
無調色パールのブリリアンスプラス
7mmアップ、グレードはトリプルAで356,300円(税込)

一緒にピアスもセットになってます。(イヤリングは有料にて変更可能)
perl-muchoshoku-5

AAグレードの7mmアップは226,700円(税込)
perl-muchoshoku-2

最高のもので8mmアップのトリプルAで551,000円(税込)でございました。それでも大手ジュエリーショップの100万越えとは大きく金額が異なります。

契約したパール養殖会社から、2015年に浜揚げされた真珠だけを個数限定で取り扱い、売り切れたらその年はおしまい。無理に販売せず、良いものだけをある分だけ、ブリリアンスプラスだからできるというわけですね。

パールは母が娘に買ってあげるジュエリーとして、結婚式はもちろん、お葬式など冠婚葬祭のために購入する方が圧倒的だそうです。授業参観やちょっとしたパーティーに付けるのも良いですよね。

パールに込められた意味は「無垢」や「純潔」などがあるそう。永遠の純白を持つ自然の美しさ、無調色パールはおすすめだと思いました。

オーガニックパール(ブリリアンス+)



LINEで送る
Pocket

テキスト広告とディスプレイ広告

テキスト広告とディスプレイ広告

-ジュエリー, ブリリアンスプラス

Copyright© 脚やせ・美肌目指すブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.