臭いが気になる脇汗対策に!デトランスα(perspirex パースピレックス)

デトランスα(perspirex パースピレックス)です、お試しさせてもらってます。
perspirex1-1
3年前にブログで紹介し、いまだ人気が高く、何度も使ってる脇汗対策用デオドラント・ロール。
お風呂上りの脇に、はじめの1週間は毎夜、その後は3日に1回、塗ればオーケー。このデオドラントは汗線に蓋をする役割で汗をかかなくなるから、臭いも出ないという優れものなんです。
汗が出なくなるなんて生理現象的にまずいんじゃないの!?と思うけど、その分は尿などで排出されてるから心配無用!ベタつきが気になるようなら、翌朝洗い流しても大丈夫です。

「デトランスα(perspirex パースピレックス)」はデンマークで作られたもの。
体臭の強い欧米人の9割はワキガだそうで、そんな国で支持されてる制汗剤なんだそうです。

そもそもなんで汗が臭いかというと、汗そのものは臭くないけど、汗と雑菌が混ざり合うことにより臭くなるというわけ。

「デトランスα」は皮膚下の汗に反応、汗が出てくる穴(汗線)に角質を作り
デトランスα(perspirex パースピレックス)
フタをするから、汗そのものをかかず、結果臭くならないという仕組みです。

作られた角質は3〜5日で代謝により排出されますし、出なかった脇汗は尿などから排出されるので、ノープロブレムというわけです。

フタを開けると、プラスチックのボールみたいなものが埋め込まれてます。
perspirex-3

グリグリロールすることによって、液体が出てきて塗布されます。夜、お風呂上りの清潔な脇に塗布すればオーケー。
perspirex-4
副作用などは一切ないのですが、つけるとちょっとベタっとします。あまりに気になるなら、翌朝洗い流しても大丈夫。

使い始めの1週間は毎日塗布、それ以降は3日に1回。使い続ければより効果を発揮するそうで、日数を重ねていけば行くほど、サラサラを実感できます。

通常価格4,800円するのですが、初回に限り2,900円で販売。
皮膚科など病院でも「デトランスα」は処方されてるようで、一度処方してもらった人は病院で買うよりも安く購入できるということで利用してる人も少なくないようです。

デトランスα(perspirex)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.