花粉症対策・予防

花粉対策に!タオル美術館のハイドロ銀チタンタオル

更新日:

インフィード広告

タオル美術館のハイドロ銀チタンタオルです。
花粉やハウスダストを水に変えるタオル
花粉やハウスダストに効果のあるタオル。
テレビ東京ニュース番組「WBS(ワールドビジネスサテライト)」にて放送されてたのを見て、夫さんが翌日買いに行ってくれました。夫さんがブログ用に撮影してたので、便乗して私も撮影&トライ。夫さんにはウォッシュタオル、私用にはフェイスタオルを買ってきてくれました。
2週間ほど使ってみてるんですけど、花粉に効果があるかどうかは、あるような、ないような・・・花粉を落としてくれる実感はゼロでもないし、かといって完璧でもなく、今のところ「やや効果ありかな?」という感じです。
花粉の症状を防ぐために可能性を低くするためのツールであって、痒くなった原因を解消してくれるわけではないんですね、過度な期待は禁物です。

このタオルはハイドロ銀チタンの力で花粉やハウスダストのタンパク質を水に変えるというもの。

「+4」の表記は酸化チタンの濃度のレベル。濃度によって機能の違いがあります。

濃度「+2」・・・汗、ニオイ、不衛生タンパク質対策
濃度「+4」・・・花粉、ハウスダスト、カビ対策

濃度の違いは値段にも反映されており、濃い分ちょっとお高いです。

ハイドロチタン(Hyd[AgTi02])が花粉やカビ、ハウスダストを光がなくても作用する触媒で吸着&分解。

分解して水に変えるので肌に優しいとのこと。
「外に干して花粉が付いてもタオルの中で水に分解されるので花粉が残らない」とWBSの放送内でタオル美術館の社員さんが話されてました。

水分は分子レベルの変化だからタオルが湿るということはないんだそうです。

こうやって繊維に練り込まれてるような状態なんですね。

「DR.C医薬」という会社が独自のクリーン技術をつくり、タオル美術館が商品を製作しています。

「DR.C医薬」のサイトを見ると、「クッションや車内シート、布団など、ハイドロ銀チタン入りの製品アレルギー抗原を分解し、吸入量を下げ、体内での抗体産生量を増やさないようにすることが可能」とありました。

タオル自体は綿感のある素材でしっかりしています。

外から帰ってきた時に顔などに付いた花粉を払うと良いとのこと。

真に受けて、目がかゆくなった時にゴシゴシタオルでこすってみたのですが、かゆみがスッと無くなる時と止まらない時があり、絶対ではないという感じ。
結局元になる花粉をピンポイントに接触しないといつまでたっても痒いので、なかなか難しいかもですね。その辺は花粉用目薬をさしても効く時と効かない時があるのと似てるかも。

使用頻度を高めたり、使う範囲を広げないとやってくる花粉の量には勝てないかな〜となんとなく思いました。そう考えるとフェイスタオルよりもウォッシュタオルを持ち歩いてこまめに拭いたほうが良い使い方かもしれません。

花粉だけじゃなく、カビや加齢臭にも効果があるので、いろんなシーンで使えますね。

洗濯するときには柔軟剤は避けた方が良いそうです。

お値段はウォッシュタオルが1,296円(税込)、フェイスタオル2,160円(税込)

重度の花粉アレルギー症状が出る人などには良いかもですね。小さなところから花粉の可能性をつぶしていくという点ではタオルはアリだと思います。

ハイドロ銀チタンタオル(楽天)

LINEで送る
Pocket

テキスト広告とディスプレイ広告

テキスト広告とディスプレイ広告

-花粉症対策・予防

Copyright© 脚やせ・美肌目指すブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.