米肌使ってみたよ、使用してみた本音の感想、口コミ

米肌のスキンケアシリーズです「米肌 冬のふっくらうるおいハリ肌モニター」に応募&当選し、KOSE米肌アンバサダープログラムのモニターに参加しています。
米肌のエイジングスキンケア
募集してた時に「活潤リフトエッセンス(美容液)」が「乾燥による小ジワを目立たなくするシワ効能評価試験済み」エイジングケア用とあったので、ぜひ使ってみたいと思ったんですよね。
化粧水、美容液、クリームとラインで朝晩使って2〜3週間ほどが経ちました。冬の乾燥の季節にもかかわらず、もっちりしっとりした肌をキープ。ほうれい線やたるみは劇的な変化はないものの、目周辺の小ジワ等は目立たないような気がします。

「ライスパワーNo.11のでセラミドを増やす」のが特徴の米肌

「活潤リフトエッセンス」は「うるおいハリ注入処方」で美容成分を角層の奥まで浸透&密封。これで長時間ハリと潤いが続くとのこと。

使用感はかなりクリームっぽいです、こってり。

伸ばすとジェルのようにスーと浸透

エイジングケアなのでちょっと重い使用感かな。守ってくれるような感じがあります。

ちなみに米肌には「肌潤改善エッセンス(美容液)」もありますが
米肌を使い切ったよ
こちらは「ライスパワーNo.11」成分を高濃度で配合。毛穴たるみのうるおいやみずみずしさを求める人向け。
上のはハリや小ジワが気になる人向け、まさにエイジングケアというわけですね。

化粧水でサッパリ、美容液でこってり、クリームでしっかり蓋をする。

2〜3週間使い続けてみて、一番感じることは乾燥やインナードライを全く感じないこと。

いつもの冬なら家にいる時、顔から乾燥を感じて加湿器を付け始めるのに、今年は旦那さんに「空気が乾燥してる」と言われるまで意識しませんでした。

また、会社でもいつもなら湿らせたものを机の上に置いておいたり、ミストを使って乾燥を防ぐのですが、今年は今の所そういうことはしていません。

もしかしたら、顔肌がちゃんと水分を保持してるから、露出していても大丈夫なのかもですね。
スキンケアしてる時、ついでに手の甲にもつけるのですが、そういえば今年の冬、ハンドクリームはいつもに比べて塗ってる回数はかなり少ないです。
ちなみにボディはというと、ここ最近乾燥によるかゆみが出ていて、ボディローションや化粧水を塗るようにしました。肌は素直ですね。(笑)

久々に同ブランドでライン使いしてみて、大きな変化はないものの、コツコツ地道に改善されてる感はあるので、ライン使い侮れないと思いました。

米肌(公式サイト)

追記:2017年4月 ほぼ使い終わりました。
米肌使用後
はじめに使い切ったのは美容液(使用から2ヶ月後)、次に化粧水(使用から4ヶ月後)、クリームはまだちょっと残ってます。(他のスキンケアも使ってるので使い切る期間がちょっと人より長いかもです)とても使いやすく、良かったというのが正直な感想。特に美容液はさらりとして使いやすかったです。

ちょうど使用してる期間時に、肌診断を受けまして、その時の結果で「セラミド」が同年代平均より良かったので「(あ、米肌のおかげだ!)」と密かに思いました。
米肌使用した時の肌診断、セラミドの数値が高い
やっぱり結果って出るんだなぁと。ブロガーさんで「美肌にはセラミド、セラミド命!」とセラミド推しの方もいるので、年齢を感じる肌の人は使ってみても良いのではないかと。まずはトライアルから始めてみるという手もあると思います。



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.