10金のダイヤモンド ネックレス、自分へのご褒美やプレゼントにもオススメ

k10PGのダイヤモンド ネックレスです、ご提供いただきました。

ネックレスが好き、唯一身につけてるアクセサリーはネックレスだけ、それも小さくてさりげないもの限定。なのでネックレスは着々とアイテムが増えてる私です。
こちらは0.08ctの一粒タイプダイヤでチェーンも細め。でもつけてみるとしっかりキラキラしており、華奢で繊細な感じがとても可愛いです。10金なので錆びず長持ちするし、ピンクゴールドで肌馴染みが良いし、重ね付けにもおすすめ。
お手頃価格なのでちょっとした自分へのご褒美やお祝い時のプレゼントにも良さそうです。

ダイヤモンドの大きさは0.08ct。

3種類の留め具デザインの中から「4本留め」を選びました。他に6本留めとフクリン(ぐるっと一周囲んでるタイプ)があります。

4本留めはサイドが左右それぞれのチェーンで分けて固定されてるので、よく後ろの留め具が前に回ってくる時がありますが、トップ部分も一緒に横にズレる感じがあります。
しかし全体的に軽いので、あまりに放置しすぎて、後ろの留め具がトップに回ってきてしまうということはないです。

チェーンの色はピンクゴールドにしました。(他にホワイトゴールド、イエローゴールドあり)

家のピンクゴールドのチェーンと一緒に撮ってみました。(上が今回のもの)

見た目はほとんど同じ、細さも同じ、繊細な印象、チェーン自体も光に当たるとキラキラします。

小豆チェーンで長さは約40cm、3cm部分にアジャスターカンが付いてます。

よく「細いチェーンは切ってしまいそう」というレビューやコメントを見かけますが、私はこの手の細いチェーンで誤って切ってしまったことはないんですよね。

それよりも真鍮もので留め具がチェーンから折れて取れてしまったり、アジャスターの穴が大きいチェーンの穴になっていて落として無くしたりしたことは何度もあるので、普通に使ってる分には(事故でもない限り)チェーンの太い細いがネックレス生命の長さとはそんなに関係はないかな?と思ってます。

トップのダイヤモンドのサイズですが、家にあるものと比較してみました。真ん中が今回のもの。

ずっと左のホワイトゴールドのは0.1ctと思ってたんですが、真ん中の0.08ctより小さいということは、見た目的に0.04ctくらいってことですよね。右のが0.4ct。

実際に身につけてみたところ。思ってた以上にキラキラ、チェーンもキラキラしてかわいい!

40cmでこの長さ

アジャスターかませて3cm短いのがこんな感じ。

手持ちのピンクゴールドのネックレスと重ね付けが妙にマッチしました。(笑)

10金だと汗などで錆びないし、長年付けられるし、シンプルなデザインだから飽きずに付けれるところがGood。
0.08カラットのダイヤモンドネックレス
繊細感、本物のダイヤモンド、いつまでも同じキラキラ感がいいですよね。一本持ってるといろんなシーンで使えると思います。
お値段は12,800円(税込) 送料無料です。

K10ダイヤモンド ネックレス 選べる9スタイル(PLUSTER 楽天店)

余談ですが、ちょっと前にメルカリにハマっていた時期がありまして、毎日のようにダイヤモンドのネックレスをチェックしてたら、ブランドのジュエリーでよく出てくるのがこの「0.08ct」もの。
ちょっと存在は小さいものの、キラッとしてるとやっぱ可愛いんですよね。

メルカリのネックレスは現行品が半額になってたたりと、お手頃価格なので惹かれるんですけれども、詳細をよく読むと「メルカリで購入したけど、自分には似合わなかった」と再出品してる人も少なくなく、たらい回しのジュエリー・・・う〜んやっぱりジュエリーは幸せ感のあるカタチでお迎えしたいな〜と思い、結局購入には至らなかったです。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.