クロックス

めっちゃ歩きやすいカジュアルミュール!クロックス ライトライド ミュール

投稿日:

インフィード広告

クロックス ライトライド ミュール(Women's LiteRide Mule)です。

前にお店で別のクロックスシューズを買ったらとても歩きやすく、ちょうどネットストアで期間限定でセールをしていたので色違いをポチり。こちらは見るからに「歩きやすそう!」と思い、ついでにポチりました。

あの〜めちゃめちゃいいです。プニプニして歩く時の負荷が全然なくてすごく良いです。着脱もしやすいし、アッパーが甲まで布地があるから持ち上がりやすいし、擦れもないしすごくいいです。


スリッポンのような見た目

フラットで運動靴のようです。

こういう風に書くと「じゃあ別にクロックスじゃなくても無名ブランドの靴でもいいんじゃない?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

私はクロックスが好きで、だいたいクロックスしか履いてません。
クロックスはシンプルでカジュアルなデザイン、仕組みながらしっかり機能的な良さを兼ね備えてるところが好き。

他のメーカーの靴を履いてると「底が硬くて疲れるな〜」「小指が擦れて痛いな〜」とか何かしら不満を思ったりして、小さなストレスが溜まってきます。

もちろんクロックスの中にもそういうストレス、かかとやつま先が擦れたり、長時間履くには向いてない靴もあります。

だから、今までの実体験を踏まえた上で「これは絶対大丈夫」と思う形や素材のクロックスシューズに出会え、かつ運よくセールの対象になってたりするとすごく嬉しいのです。
見た目が普通、それが良いのです。

きっと他のメーカーでもクッション性が効いていて良い靴はあるのかもしれません。私にとって快適に感じつ靴がクロックスだったというだけかもです。

クロックスは快適なウォーキング機能を兼ね備えたカジュアルシューズだから、そういうところが自分に合ってるんだと思います。

話が長くなりました。さて今回の靴の特徴はこれ。「LiteRide(ライトライド)」。

ソール部に敷かれた「ライトライド」は従来品「クロスライト」よりさらに軽く、柔らかい素材。

さらにアウトソールも全面にゴムのような弾力のある「クロスライト」素材を使用。

高い耐久性と抜群のサポート力で疲れにい履き心地を実現します。

今回後ろから見たときは「crocs」等の文字はないんですね(外側サイドにあります!)

真ん中から出ている縫い目のデザインはどうなのかな〜とは思います。

正直なくてもよいかな〜と思うのですが。シンプルが好きなので。

履いてみたところ。思った通りのフィット感。
クロックス ライトライド スリップオン ミュール
普段23.5cmのサイズで、今回サイズは23cm(w7)を選びました。ぴったり。

素足で履いても、靴下で履いてもちょうど良いです。
かかとがないから、融通が利きます。私は基本短い靴下(レースフットカバー)と合わせて履くことが多いです。

アッパーの素材感はウエットスーツのよう。

大きさに少し余裕があるから、熱がこもらず良い感じです。

クッション性はもちろん、持ち上がりも良いし、とても歩きやすく買ってよかった。

この前に買った「スウィフトウォーター クロス ストラップ スタティック ウィメン」と比べると、こちらの方がプニプニ感強いです。かかとの分厚さプラス「ライトライド」のプニプニ感がダブルで強力、そんな印象。
しかしだからと言ってどちらがより良いということはなく、どちらもすごく良いです。
あえて違いをいうならば、今回のはクロックスのクロッグ(クロックスを代表するあの形)のようなずんぐりむっくり感が少しあります。(でもクロッグより見た目は全然スマートです)

お値段は6,156円(税込)

私はタイミングよくセールでおやすく購入できました。

ライトライド ミュール ウィメン(クロックス公式)

一緒にポチった「スウィフトウォーター クロス ストラップ スタティック ウィメン」。
クロックス
色違いで2足目です。こちらまだ履いてません。だいぶ寒くなる時期まで履けそうな感じです。

クロックスはこの後、誕生日クーポンがやってきて、念願(?)のセール対象外の靴をやっと買いました。ついでにもう一足買ったので、今シーズンで計5足ですね。これでやっと古いクロックスを処分できます。(笑)購入した靴は改めてブログに載せますね。

LINEで送る
Pocket

テキスト広告とディスプレイ広告

テキスト広告とディスプレイ広告

-クロックス
-, , , , , , ,

Copyright© 脚やせ・美肌目指すブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.