メディキュット着圧タイツチャコールグレー履いてみたよ。

メディキュットの着圧タイツです。アマゾンで735円と半額くらいで販売してたので思わずポチッたもの。
メディキュット 限定カラー チャコールグレー

色が心配だったけど、結構いい!一瞬「黒?」と思うくらい、黒に近いグレーでしっとりしっくり。メディキュットの着圧タイツは伸びがいいんですよね、早速2〜3回履いてます♪

着圧タイツってなんなの?とお思いの方にもう一度おさらい。つま先が一番強めの締め付け、徐々に弱めて、血やリンパの液を上に上げやすくする構造のタイツことを言います。

この方法は医学的にも実証されてるしくみで、実際に医療でも使われています。

各社着圧タイツが販売してるけど、微妙に違うのが圧力具合。
メディキュット 着圧タイツ段階圧力設定

メディキュットは下から20、16、10phaの着圧感です。
一方、私が愛用しているDHCの着圧タイツが17、16、8phaなので、着圧感はやや強めの設定。

でも、履いてみると圧力そうでもないんですよ。ぐぃーんとゴムのようにどこまでも伸びる感じ。たぶんそれは私がLサイズを購入してるからというのもあると思います。

DHCのはゴムのように伸びる感じはあまり無く、締め付け感があるんだけど、フィット感があって、決してキツいって感じではないんです。

より締め付け感が欲しい人はDHCの方をオススメ。ゆるやかな着圧感を求めるならメディキュットのLサイズをおススメします。

開けてみたところ
メディキュット 着圧タイツ出したところ

ブラックと色を比べてみました。左がブラック、右がチャコールグレー。
メディキュット 着圧タイツブラックとチャコールグレーの色比較

どうです?そんなに白っぽくなくて、良い感じのグレーじゃないですか?

伸ばしてみたところ。伸ばしても透け具合が少なめです。
メディキュット 着圧タイツ色具合、伸ばしてみたところ

メディキュットのは後ろの「Dr.Scholl」マークがあって、
Dr.ショールマークが後ろの印

後ろ前があるのと、今から履くのはメディキュットだと分かって良いです。

腰回りの表面はスッキリ
メディキュット 着圧タイツウエスト部分表面

後ろ面はふっくらしていて、お尻がすっぽり入るような構造。
メディキュット 着圧タイツ裏面お尻部分がラウンドになっている

履いてみました〜
メディキュット 着圧タイツはいてみた足

光の具合で透けて見えますが、実際肉眼ではほとんど透け感はありません。

メディキュットのは圧力強めの設定ですが、踵やつま先も程よくフィット。
メディキュット 着圧タイツ足首部分の色

このマット感が好きです〜

膝を曲げたときの透け感。
メディキュット 着圧タイツ伸び具合

こういう風に露骨に伸ばせば透けて見えるかな・・・

私はよくグレー系のスカートと合わせて履いてます。同化してる?(笑)
メディキュット 着圧タイツ灰色のミニスカと合わせてみた

さりげない色組み合わせで、ヒザ上10cmくらいのミニスカート丈なんですけど、同化気味なんで、足が太いのも気になりません。(あくまで私感だけど)

1ヶ月前にアマゾンで安く売ってて、しばらく同価格で販売してたけど、さすがにもう売り切れてた〜〜寒くなってきたから、みんなイソイソと買い始めたのかもしれません・・・

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.