インナーウェア

アンダーバスト痛くないブラトップ「アンダーフリー」が好き

アンダーフリー ブラトップ

ニッセンのブラトップ「アンダーフリー」です。
アンダーフリー ブラトップ
使っていたブラトップが劣化し、初夏にユニクロのブラトップを買いましたが、アンダーバストの締め付けがあまり好きになれず、やっぱりここはニッセンの「アンダーフリー」かな〜と思い購入。

ちょうどLINE公式に届いたキャンペーンポイントと、誕生日月のクーポンを使うことができ、お得に買えました。

購入したのは綿100%(杢グレーとホワイト)と、接触冷感(モーブピンク)、1,799円(税込)。

使いやすいのでいつもタンクトップタイプを選んでます。

大きな特徴はアンダーバスト部分。

このように折り返し縫いすらない切りっぱなしの状態

切りっぱなしなのにほつれないのが本当不思議ですよね。

背面も同じく切りっぱなし、なので肌あたりがとても柔らかで締め付けられるような感じがありません。

横部分。縫い目はありますが、縫代はなくぴったり合わされてるので薄いです。

数年前から愛用していて、新しいアンダーフリーは「極めて普通」の使い心地。
私は基本的にブラだけでなく、指輪やネイル、イヤリングなど体の一部を締め付けたり、存在感があるのがすごく苦手で、髪の毛が目や顔にあたるのも避けたいタイプ。
なのでアンダーフリーは本当ありがたい存在です。私が世の中にまともに見えるため、ごく普通の人間に見えるようにするための必要なアイテムです。

せっかくなので前に買ったユニクロのブラトップ(右)と比べてみます。

ユニクロのは外見からのルックスを意識していて、例えばシンプルなストラップや、外から見える縫い目がほとんどなかったり、それでいてプリンとしたモールドカップを使用しているから、チラ見えしても全然平気な作りをしています。

それに比べてニッセンのは見た目は縫い目もあったり、下着の粋を超えていないといった印象。生地もけっこう柔らかで薄めです。

一番の違いは、ユニクロのは前側のアンダーバストはゴムになっていてしっかりサポートされていること。改良され前側だけになっていますが、まだこれが締め付けの原因になってちょっと痛いのです。

ニッセンのは前側すら切りっぱなしで締め付け感がありません。まさにアンダーフリーです。

また、ユニクロのは背面のストラップ縫い付け部分が二重に重なってガッチリ凹凸がありますが

ニッセンのは一重でアタリがあっさりしているところも見逃せません。

この辺は体に感じるというわけではないですが、気遣いはありがたいですね。

縫い目の処理等はそんなに違いはないかな。

私的にはニッセンのアンダーフリーが圧勝ですが、決してダメというわけではありません。
ヨガのレッスンでも結構ブラトップで受けてる生徒さんがいらっしゃるんですよね。
それだけズレに強く丈夫ということだと思います。

もうひとつニッセンが良い理由、それは綿100%素材があること。

ユニクロのはエアリズムで化繊です。私はそこまで汗かきではなく、吸汗素材である必要はそこまでないんですよね。
綿素材のホッとする肌あたり、ぬくもりが好きです。

数年前までは夏の間だけ使っていたブラトップが、去年ごろから冬の間も使うように。冬は冬でピタッと密着して腹巻のような感じがいいのかも。笑
そう考えるとやっぱり綿素材の方がうれしいなぁと年中愛用の私は思います。

アンダーフリー(綿100%)(ニッセン)

アンダーフリー(接触冷感)(ニッセン)

LINEで送る
Pocket