野菜宅配オイシックス

これが訳あり品!?規格外野菜をお得に買える!みためとあじはちがう店

みためとあじはちがう店

今年の春ごろから「みためとあじはちがう店」というネットのお店を時々利用しています。

ここは規格外の野菜や果物をお店側で一箱にまとめて販売してくれるところなのです。
知ったきっかけは、よく通る道に「みためとあじはちがう店受取所」と看板が出ていて、なんだろう?と調べたことから。

調べてみると、こちらは東京にある大田市場の青果仲卸さん。
今問題になっているフードロスを解決しようと、お店に出回らない「規格外商品」を一般の市場の流通に乗せて、新たなお客を開拓、市場の活性化に繋げていくためにこのお店を立ち上げたそうです。

規格外野菜とは?
曲がっていたり傷がついてしまったりしていて、大きさや色、形、品質などが規格に適合しない野菜のこと。 規格外のものは、カット野菜やジュースなどの加工食品として流通したり、農家が自家消費したりする以外は、多くが廃棄されています。
(みためとあじはちがう店サイトより)

規格外とは言いますが、いやこれが本当にお得なんですよ!

基本的には2千円+送料800円。時々セールで送料込みの時があります。
みためとあじはちがう店
これが2千円ですよ!?初めて受け取った時は本当これいいの!?慈善事業では!?とおどろきました。どこがダメなの?と思うものも少なくないです。

私に分かるのは、大きすぎる、小さい、折れてる、くらいで、あとは本当わからない!なぜ!これが!ダメなの〜?笑

中にはエンダイブやエシャロットなど珍しい野菜から、キウイ(ただちょっと消費期限ギリギリ感あり)などもあり、楽しいです。

普段自分では頼まないものも結構入ってます。

この時は、河内晩柑が入っていて、あまりの美味しさに後日別のお店でケース買いしました。

この時はメロンが入ってました。

このメロンもちょっともう今すぐ食べないとという感じの賞味期限ギリギリ感があり、中は割とグジュグジュしてたのですが、中身だけを取り出し、冷凍保存して牛乳で割ってシェイクでいただきました。暑い夏にぴったりでとても美味しかったですよ。

この時もメロン(こちらも消費期限は早め)入ってますね。

なんと山葵も入ってたんですよね。冷たい麺と一緒に美味しくいただきました。

みためとあじはちがう店は、野菜を多く食べるようになって、お通じも本当良くなって、吹き出物など肌トラブルもなく、とても健康的。私にとって良いことだらけ。ですが、夫さんはあまりそう思っていないようです。
というのも、自分の好きじゃない野菜も大量に入ってるため、食べないことも多々あるからです。

例えばエンダイブやセロリ、パセリは苦くてダメ、ミョウガは無理など。
また、サニーレタス×2にレタス、プラス他にも葉物と日持ちが短い野菜が大量に入ってたりすると一気に消費しなければならない、なんて時もあり、野菜室に入りきらない!みたいのも夫さんは嫌みたいです。

私としては、ここは割り切って(笑)冷凍できるものはどんどんカットして冷凍庫へ、浅漬けや酢漬けにすると夫さんでも食べてくれる時があるからせっせと調理。すると1〜2週間は持つんですよね。大いに助かります。

話は変わりますが、今年に入ってから近所の青果やさんで野菜や果物を買うようになりました。
そのお店も企画外のものを置いていたり、旬のものを仕入れてるんでとても楽しいんです。
前より野菜や果物の品種を知るようになって、食が豊かになった気がします。

甘いだけでなく、にがみの深さも知りつつある今日この頃です。

みためとあじはちがう店

LINEで送る
Pocket