脂っこいものから甘いものまでOKなカロリースルー

シーラボの食べたものを無かった事にしてくれるサプリ「カロリースルー」です、買ってみました。
calorie_through0001

最近の無かった事系はDHCとファンケルと今回のシーラボで3社目。みんな似たような成分で、でも微妙に異なるのね〜
シーラボのは2社と比べると「オールマイティかつファンケルよりやや強め」と感じました。

カロリースルーの特徴は脂っこいものから、甘いものまでカバーしている幅の広さ。
DHCで売れまくってる「フォースコリー」の成分「コレウスフォルスコリ」も入ってます。

ファンケルのカロリミットもいろんな成分が入っています。ワタクシの個人の感想ですがシーラボのカロリースルーの方が今流行の成分が入っているように感じます。

例えばウーロン茶エキス(サントリーの黒ウーロン茶で人気)やコレウスフォルスコリ(DHCのフォースコリーで火がついた)、茶カテキン(ヘルシア緑茶)とどれも有名な成分。

カロリースルーは去年の冬(2012年12月)に発売と「食べたもの無かった事系」にしては後発なので良いトコ取り、と感じました。

名称が「キトサン含有食品」となってますね。
calorie_through0002

(でも成分表示のトップに来てない=含有割合が多いわけじゃないですね・・・)
「キトサン」はエビ・カニなどの甲殻類の殻に含まれてる成分で、動物性の食物繊維。こってりとした油系の食事を食物繊維で一緒に流してしまう作用があります。

やや渋い匂いのある錠剤。
カロリースルー

1回3粒が基本です。

これで痩せるってことじゃなくて「いっぱい食べる時の予防線」くらいの気持ちで飲んでます。

気のせいかもしれませんが、これ飲むとその日の夜のガスが少し臭うといいますか、臭いような気がするので、飲み続けるのが怖いというのがホンネです。
初めて飲む場合は「もう夜これから誰にも会わない」など試しながら飲んだ方が無難です。

結局無かった事系というのは吸収せずに排出する機能があるので、体にとって別の見方をすれば「消化不良」になるわけであって・・・お腹をこわしたり、消化不良が臭いを放つというのは道理なのです。

ちなみに私の腹の感想は

DHC フォースコリー(強) > シーラボ カロリースルー(中) > ファンケル(弱)

の順で強弱を感じてます。
要は「体質との相性」でもあるし、知り合いさんでもフォースコリー飲み続けてる方もいらっしゃるので、あくまでご参考まで・・・
(ちなみに当ブログの一番人気記事はフォースコリーです)

私の場合、普段はフー茶(血糖値・コレステロール値を下げる系、お試し飲んで良かったから現品購入)を午前中から飲みつつ、ガッツリ食べるぞって時にプラスアルファでサプリを飲んでます。

リンク→カロリースルー(ドクターシーラボ)
icon

リンク→カロリミット(FANCL)

リンク→フォースコリー(DHC)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.